SOLソリューション

【セミナーレポート】「医療経営セミナー」in大阪開催結果報告/病院経営戦略と介護職・看護助手採用強化のポイントを解説


株式会社エス・エム・エスキャリア 人事・組織コンサルティング事業部(以下、「当事業部」)は、2018年12月5日(水)に大阪府にて「医療経営セミナー」を開催致しました。本セミナーの内容を以下にご報告申し上げます。

■セミナー開催概要
日時:2018年12月5日(水)14:30~16:30
会場:ナレッジキャピタルカンファレンスルームタワーB RoomB08  
対象者:医療機関の院長・事務長・看護部長・採用担当者
参加費:無料
参加人数:22法人 26名

「医療経営セミナー」in大阪の様子です

「医療経営セミナー」in大阪の様子です



■セミナー内容
医療経営セミナー
 
稼働率向上・増床に向けた採用戦略~収益UPを目指して~
【第一部】平成30年度診療報酬改定から半年を経ての病院経営戦略

●講師紹介
株式会社ナレッジハンズ
神戸(芦屋)オフィス マネージャー
プロジェクトリーダー
佐野 高広氏

名古屋商科大学院修了、MBA取得(国際認証 AACSB ,AMBA)。内資系および外資系製薬企業において、調査分析プロモーション、人財育成等の業務を経験。現在は、医療法人を中心とした経営支援業務に従事している。

5つのケーススタディを元に、病院経営戦略をご紹介

株式会社ナレッジハンズが経営支援を手掛ける下記5つのケーススタディを元に、データに基づいた戦略立案や実行にあたるポイントについて解説。病院経営戦略をご紹介いただきました。
1.建て替えを契機とした病院のあり方の再構築
2.診療報酬改正対応事例:介護医療院に頼らない地域包括ケア病床の運用
3.医事業務改善事例:医事業務のマニュアル化による救急管理加算算定件数向上
4.53床の病院をいかに黒字化させるか
5.人口減少地域での急性期病院のあり方

第1部 講演の様子です

第1部 講演の様子です



【第二部】病院経営戦略に役立つ介護職の採用強化

●講師紹介
株式会社エス・エム・エスキャリア
プロジェクトリーダー
藤井 洋充

2012年入社。西日本エリアの医療機関を中心に採用・人事支援サービスを提供。新卒採用支援においては、宮崎県の病院で昨年比250%の採用目標を成功に導くなど高い成果を出している。

介護職・看護助手の採用マーケットの特徴や、採用におけるポイントについて解説

大阪府を中心とした関西圏における看護職・看護助手の採用マーケットについて、現状と今後の予測を解説致しました。
介護職の多くは介護施設への就転職を第一想起するため、医療機関での採用は苦戦する傾向にある現状から、医療機関における採用のポイントを、具体的事例を元にご紹介致しました。

第2部 講演資料の一部です

第2部 講演資料の一部です



■「医療経営セミナー」参加者様の声(一部抜粋)
「地域包括ケア病床の活用について参考になった」
「看護助手の募集の仕方について大変参考になった」
「効果的プロモーションについて、方法がいつも頭にあったが、即実行に移していきます」
「具体例を提示して頂き、分かり易かった」


■セミナー総括
参加者の91%が「参考になった」と回答されました。特に第2部の介護職・看護助手の採用に関するパートでは、今後具体的に行動に移す内容が明確になられた方もいらっしゃいました。


▽今後のセミナー開催情報はこちら「セミナー・イベント情報」
 https://med-sol.jp/#stage05